個人より法人

法人営業の今後について

企業経営にとって法人営業の重要性はますます高まってきています。なぜならば、個人営業はインターネットにとって変わってきているからです。個人に対する営業はオンラインでも完結することができます。まず、企業のホームページに問い合わせフォームを掲載するのです。そこに個人を誘導することによって、個人営業が完成します。しかしながら法人営業ではこのようなことがままなりません。その理由として、法人営業では決済をする人間が担当になるわけではないからです。顧客の企業では、営業の席に出てくる担当者と決裁者が異なることが多いのです。その場合、担当者が納得しても決裁者が記載しなければ売り上げにはなりません。このような個人営業と法人営業の違いを理解し営業することが将来の営業スキルにつながります。

気をつけるべきことについて

法人営業の成績が良いからといって将来的にも成績を上げることができるとは限りません。今の成績を将来もっと上げるためには、普遍的なスキルを身につけることが重要です。普遍的なスキルとは、どのような顧客に対しても一定の売り上げを上げることができるスキルを言います。そのようなスキルは、法人営業の経験をどんどん積むことによって得ることができます。まずは、ひとつのものをとことん売ることに注力してください。ひとつの目安として、社内で営業トップの成績を残すことを目標としてください。ある特定の物やサービスを得ることができなければ、決して普遍的な営業スキルを身につける事はできないのです。普遍的なスキルを身につけなければ本当の営業力とは言えません。